2011年1月 4日 (火)

元旦や餅で押し出す二年グソ

いきなりキタナイ話題で恐縮である。

昨年、三代目桂三木助の落語全集CDが発売されている

のだが、1958(昭和33年)1月31日にNHKラジオで放送された

『蛇含草』という落語で「元日や餅で突き出す去年グソ」という

一節があったのである。目からウロコが落ちる思いがした。

伝説の深夜番組、『ビートたけしのオールナイトニッポン』の

第1回放送(1981年1月1日)でのたけしの第一声が

元旦や餅で押し出す二年グソ」だったのだ。

この文句はあまりにも有名で、リスナーの間でも語り草に

なっていたのだが、たけしのオリジナルではなかったのですね。

おそらく、落語家や芸人のなかでシャレとして連綿と使われてきた文句

なのでしょう。浅草芸人『たけし』の一面を見る思いである。

総武線と武装戦線

 以前はmixiで日記をつけていたのだが、3ヶ月ほどで頓挫。今年はどのくらい持つだろう。さて、決めなければならないのは、ブログのタイトル。千葉県民なので我が愛する『総武線』を名にいれようとするが、鉄オタみたいでイヤだ。『下総』と『武蔵』を結ぶから『総武』だが、なぜ『武総』にはしなかったのだろう。『武総線』→『武装戦線』とおっかない連想。ロマンティックに「夢が潜む」で『夢想潜々』というのはどうだろう。決定!

無料ブログはココログ